会報『敬天』

 

 会報『敬天』

荘内南洲会会員にむけて、年3回発行しております。

『敬天』第86号より、つやを抑えた紙に印刷し、読みやすくしました。中綴じ加工もはじめました。
『敬天歌壇』も再開しましたので、多くの皆様からの投稿をお待ちしております。

2021年(令和3)10月26日発行(全32ページ)

・南洲翁の漢詩・大徳を偲ぶ会
・人間学講座/和賀敏章先生『人の上に立つ人の実学』
・人間学講座/堀健悦先生『二宮尊徳について』
・人間学講座/白幡佐年先生『シーボルト事件について』
・人間学講座/杉原丈夫先生『松尾芭蕉の来酒』
・人間学講座/東山昭子先生『おんなたちの庄内』
・人間学講座/岡本光平先生『副島種臣先生について』『飛島探訪と青銅刀子について』

 

2021年(令和3)3月30日発行(全20ページ)

・南洲翁遺訓
・人間学講座/和賀敏章先生『人の上に立つ人の実学』
・人間学講座/石原莞爾顕彰会 代表・歌川博男先生『石原莞爾さんて、どんな人?』
・人間学講座/酒井英一先生『続・本富安四郎著「薩摩見聞記」を読む』

 

 

2020年(令和2)12月25日発行(全20ページ)

・南洲翁遺訓
・人間学講座/和賀敏章先生『人の上に立つ人の実学』
・人間学講座/杉原丈夫先生『戊辰戦争と酒田の町兵について』

 

 

2020年(令和2)10月27日発行(全20ページ)

・南洲翁遺訓
・西郷南洲翁の大徳を偲ぶ会
・人間学講座/堀 健悦先生『東洋思想について』
・人間学講座/和賀敏章先生『人の上に立つ人の実学』
・人間学講座/東山昭子先生『致道博物館設立70年記念によせて』
・人間学講座/白幡左年先生『戦国武将 松永弾正について』